バゲットでフレンチトースト レシピもあるよ

せっかくブログ作っているのに、

おすすめ商品レビューだけ、とくくりをつけると、なかなかブログをアップできないような感じなので

たまには違うこともしてみたいな、と思って、

これからは、生活のちょっとしたことなんかも書いていきまーす。

というわけで、今回は、こちら

DSC04188

バゲットで作るフレンチトースト

先日、たまたま、残っていたバゲットと、卵と牛乳を使ってフレンンチトーストを作ってみたところ、

意外や意外、とっても美味しくできちゃったので、こちらにレシピを残しておこうかな〜。と。

まずは、材料(がっつりな一人前)

・バゲット…スーパーマーケットで売っているような、バサバサの味のないバゲットで十分です(笑) 長さ的には20cmもあれば大盛り一人分。
・卵一個
・牛乳100cc
・砂糖 (私はふだんからきび砂糖を使っているのでそれ) 小さじ1
・はちみつ 小さじ1


・バター(焼くときに使う)大さじ1

お好みで、フルーツ。今日は昨日値引き商品として買った苺があったので、それを細かく切りました。

 

作り方

1。ボウルに卵を割り、泡立て器で混ぜる。お箸で高速まぜまぜできる方は、お箸でもいいと思いますが、泡立て器で混ぜると簡単ですよ。
2。砂糖とハツミツを入れてさらに混ぜる。
3。牛乳を加えて混ぜる。

↑液体できあがり。

4。バゲットを斜めに、10cm幅くらいに切る。(まっすぐ切ってもいいけど、斜めの方が液体がしみる面積大きいかな、と思う。)
5。バゲットを潰して空気を抜きながら、上記で作った液体に入れていく。(潰しながら入れると、バゲットが元に戻るときに液体を吸いながら戻るかな…と思う。)
6。バゲットがボロボロにならないように、たまにひっくり返して30分ほど液体につけておく。(時間に余裕があればもっと長くつけていてもいいかも。)

さて、焼きましょう。

7。フライパンを熱して、バターを溶かします。フライパンが温まるまでは強火。バターを溶かし始めたら弱火にしましょう。バターが焦げてしまわないように。
8。弱火のまま、先ほどのバゲットをフライパンで焼いていきます。切った断面を鉄板面においてくださいね。
9。ゆっくり火を通していきましょう。火が強いと、表しか焼けないし、バターが焦げ焦げになるので要注意。
10。早く食べたい衝動を抑えつつ、根気よく弱火で焼いていきます。(バゲットの中のほうがプリンのような状態になるのをそうぞうして)じっくり片面五分以上は焼いてるいると思う。
11。ちょうどいい感じの焦げ目がついたら、裏返してさらに弱火でじっくり焼いていきます。
12。またまた焦げ目がついたら、サイドもついでに焼いちゃいましょう。
13。いい感じかな〜、というところで出来上がり(大雑把ですみません。見た目で決めましょう)

 

お好みで、メープルシロップやホイップクリーム、ジャムなんかをのせてもいいかも、ですね。

ちなみに、このレシピの甘さは、ふだんあまり甘いものを食べない私にとっては十分甘い感覚ですが、

甘いもの大好きな方は、砂糖やはちみつを大さじ一杯入れてもいいかもです。

朝食に、おやつに、楽しんでください